キャッシング出来ない理由と借入時の審査

キャッシングの利用をしたいとき、審査があります。契約の審査時にチェックされている項目は、主に2つです。ひとつは、属性による確認がなされます。利用申込者の年収や職業、年齢に関する情報などをいいます。もうひとつは、信用情報をもとにした審査です。利用申込者本人の名前や住所などだけではなく、現在のローンや過去のクレジットカードなどの利用履歴が確認されます。
キャッシング会社から、審査に落ちた理由は教えてくれません。申し込みで落ちてしまった場合、次のような原因が考えられます。
まず、利用者本人が電話に出られないなど、本人確認が取れないケースです。申込後は本人確認があるので電話に出られるようにしておく必要があります。また、申告の記入ミスが考えられます。事実と違う申告をしたとみなされるため、確認が必要です。
また、新規の借り入れ申込時に他社でいくつかの借入をしている場合、審査に落ちやすいとされています。
過去に何回も滞納していたり、自己破産をしていたりと金融事故歴がある場合には、審査に通りにくいです。返済の遅れや度重なる延滞は信用情報調査に搭載されます。信用情報機関では個人の借入の状況を一定期間記録しています。消費者金融など各社が信用情報機関に加盟することで情報を共有しているため、他社の借入であっても情報が判明してしまいます。
口座に必要な額が入金できていないというケースの失敗が多くありますが注意しましょう。カードなどは一度停止してしまうと、2度とキャッシング出来ないこともあり、ショッピング枠を使うことも5年は制限があります。