消費者金融と銀行カードローンの違いとは何か

家電量販店で特価のパソコンを見つけたり、専門店で気になるブランド品があったりすると、売り切れる前に購入したいと思うものですが、それが給料日前だと、そんな余裕はないかも知れませんね。
そんなときは消費者金融または銀行から借入をすればよいので、どちらでもお好きな方に申し込み、融資を受けるようにしましょう。
どちらから借りようかと迷ったときは、それぞれの特徴や違いを比較してから選んでください。
まず消費者金融については、審査がスピーディーなのが特徴で、業者によっては申し込みから30分以内に結果が出るので、即日融資を受けることが出来ます。
今すぐ欲しいものがあるときには非常に助かりますが、銀行に比べると金利が高めに設定されているので、利用するときは出来るだけ低いところを探して申し込む必要があります。
それに対して銀行カードローンの場合は、低金利で利用できるので、多少多めにお金を借りても、それほど利息が付かないので、長期で借りても返済しやすいのが特徴です。
それに銀行は企業としての信頼性も高いので、地域密着型の地方銀行も、全国区のメガバンクも、どちらも安心して利用することが出来ます。
ただし審査が厳しめで、時間がかかることが多いので、即日借入できるところもありますが、結果が出るのが翌日以降になるところも少なくありません。
消費者金融も銀行も、カードローンを利用できるのは安定した収入のある人で、パートやアルバイトでもかまわないので、お金が必要になったら、どちらかを選んで申し込むようにしましょう。